2008年11月30日

GUNS N'ROSES「November Rain」

GR.JPG

gunstee.JPG
さてさて、新作「Chinese Democracy」が話題沸騰の我らがガンズ…
新生ガンズを讃えるのか?それとも新生ガンズに落胆するのか?
非常に賛否両論巻き起こるアルバムかもしれません…
とは言え、14年振りの新作は、製作費14億円の14曲収録…
なんだか、映画のキャッチーコピーのような桁数に、
いまいちピンと来ない自分がいますが、とにかく、渾身の1枚だと言う事が伺えます。

まだ、買っていない自分ですので、是非とも皆様の感想をお寄せください。

ガンズの新作に冷め気味な自分ではありますが、
僕にとってガンズは、青春時代と共に聴きこんだ愛すべきアーティスト。
彼らへの愛情は、オトナになっても続き、
ガンズ名義のロックTシャツ収集において、かなりの金額を投じた自分です。

なんと言ってもガンズのロックTシャツは、抜群にカッコ良いです。
今もなお色褪せないデザイン性を兼ね備えたTシャツ陣は、
ファッション・シーンにおけるロックTシャツのアイコン的存在。

新品Tシャツに興味ナシ!!!
あくまでもヴィンテージのガンズTシャツを探し続けることにより、
僕のロックTシャツ収集癖は歯止めが利かなくなっていき、
無謀な大人買いへと発展していきました。
今では、とんでもない数まで増えていったロックTシャツ・コレクション。

僕が中学時代、「BURRN!」の付録に掲載されていた、ロックTシャツの通信販売。
あの頃に買えなかった欲望が、20年の時を経て再発し、
古着屋巡り、ネット通販、ネット・オークションなどを駆使し、
ロックTシャツの魅力、魔力に取り憑かれていってしまいました。

もう寝巻にしてしまっている方もいらっしゃるでしょうが、
ヴィンテージ&デッドストックロックTシャツは侮れないほど高額であり、
どう見ても汚ねぇTシャツが、平気で20000円は超えてしまいます。

言わば危険な領域へのるつぼへとハマってしまったワケです。
そんな危険な欲望が進んでいる中、
ほぼ全てのガンズのTシャツが揃っていったんですが、
どうしてもコンプリートに揃えたいガンズのロックTシャツがあり、
それらが全て揃ったら、僕のTシャツ・コレクションの旅を終焉させようと…。
それらが、上記のTシャツです。

ガンズの1988年発表の2ndアルバム「G N'R Lies」発表時のTシャツ。
メンバーそれぞれのフォト・ショットがプリントされたTシャツ5枚と、
「G N'R Lies」のジャケット・デザインがフロントとバックに施された1枚…。
念願叶い、この6枚が今年すべてが僕のコレクションとなり、
ロックTシャツ熱が、みるみるうちに落ち着いた自分です。

アクセルとスラッシュ、そして「G N'R Lies」は、
古着屋で結構簡単に見つけられたんですが、
残りの3枚が、それはそれは見つからない!!!
スティーヴンが見つかり、ダフが見つかり、最後にイジーを発見した。
この6枚の完全コンプリートまで、約4年ぐらい掛けていましたね(笑)
どれもが状態が良いTシャツばかりであり、
このコンプリート・コレクションは僕のロックTシャツ陣の中でも、
自慢のフル・セットであり、お宝コレクションでございます。

まぁコレクターと古着との出会いは、奇跡そのものです。
出会わなければ、何年掛かってしまうか分からないほどです。
案の定、ロックTシャツ熱が冷めた僕にとって、
早めに揃えることが出来たんで、正直良かったと思っております。
このTシャツ6枚が揃わなかったら、また目移りして別のロックTが、
どんどん増えていってしまいますからね.....たらーっ(汗)たらーっ(汗)

AR.JPG
さてさて話題は戻って、11月最後のアーティストは、ガンズ・アンド・ローゼスです。
現在のガンズは、オリジナル・メンバーは、ヴォーカリスト、アクセル・ローズのみ。
アクセルさえいれば、ガンズは成り立つのかもしれませんが、
往年のガンズ・ファンにとっては、そうはいかないハズ。
イジーが脱退した時だって、大ショックを受けたファンは多く、
はたまた、バンド活動の兆しが見えなかった挙句に、
スラッシュ、ダフ、マットが脱退し、
ヴェルヴェット・リボルバーを始動させた時だって、
正直、寂しい気持ちが込み上げたファンは多かったと思います。

メンバー・チェンジなんて日常茶飯事なHR/HMシーン…
先月来日公演を果たしたホワイトスネイクだって、
デイヴィッド・カヴァーディルのみだし、
現メガデスだって、デイヴ・ムステインのみ....
この2アーティストのメンバー・チェンジや脱退劇なんかは、
残念な気持ちになったとは言え、ガンズ程の寂しさは込み上げなかった。
やはり、ガンズは、あの頃のメンバー全員が主役であり、
個々の輝きを放ちながら、素晴らしい一体感があったからなのだろう。
現在のガンズは、僕にとってあまり愛着のない、
後期ガンズのメンバーであるディジー含めて、6人〜8人編成。
あの頃のガンズを思うと、とんでもない大所帯バンドである(笑)
音の厚みとか、多彩なサウンド・エフェクトとか、
プレイヤー同士の華麗なるユニゾン・プレイとか、
そんな多人数構成のステージングが似合うのは、
アイアン・メイデンのようなトリプル・ギターを擁したバンドであり、
ぶっちゃけガンズには、シンプルでストレートさを貫いていて欲しい。

とは言え、全世界初回出荷枚数400万枚と言う新作「Chinese Democracy」、
朝日新聞など一般新聞にも記事として紹介されたりと、
このブログ的にも旬な話題ではあるんだけど、
僕的には11月=Novemberと言う事で、
1991年発表の「Use Your Illusion I」に収録されている、
あの名バラードを、オン・エア・ラインナップに入れたかった。

GRA.JPG
「ビーバップ・ハイスクール」のドンピシャ世代としては、
やっぱ、悪ぶる事が、男の美学だったと思います。
煙草やバイク…etc 自分が悪ぶることに快感を得るのではなく、
やはり、周りに、自分のバッドボーイ・スタイルを鼓舞させたい…
規律からはみ出したカッコ良さで、女の子からモテたい…
それらは、他人の視線を意識した、一種のパフォーマンスにすぎなかった事だと、
30歳を過ぎて、昔を振り返ると“親父のブルース”のように、
当時の思い出が過ぎってしまいます(笑)

そんな不良スタイルに憧れていこうとした中で現れたガンズ....。
小林克也さんの「ベストヒットUSA」で「Welcome To The Jungle」のPVを観たとき、
そのバッドボーイ漲るルックスと、パンキッシュなロックンロールに、
ただならぬ衝撃度を覚えた記憶があります。

怖いもの知らずな反逆児たる、その圧倒的な風貌…
鋭利な刃物のようなリスキーな香り…
アイロニーでヒステリック、色気を感じさせる存在感…
フラストレーションをバンドで爆発させる等身大ロック…

そんなガンズに一目惚れしてしまった14歳の僕は、
校庭掃除のホウキを持ちながら、アクセルの物真似をしていました(笑)

GRB.JPG
今や、かなり貴重な1枚となった「Appetite for Destruction」の発禁盤。
デビュー早々に、ロボットにレイプされた女性のイラストが描かれたジャケットで、
HR/HMシーンへと、その存在感を叩きつけたガンズ。
この伝説的名盤のライナーノーツを担当したのは、
まだ「BURRN!」編集部に在籍されていた増田勇一氏。
増田氏は、ライナー最後に、こう記されている.....

“87年、ロックンロ−ルはまたもや新しいひとつの歴史を生んだ。
GUNS'N ROSESから目を離すことは、
ロックン・ロールの現状を無視することに等しい!
最後に笑うのは奴等さ・・・・・・
そうに決まっている!!”

増田氏が見据えたメッセージは的中、今作は全世界で累計2800万枚を売り上げ、
瞬く間にガンズ・アンド・ローゼスは、この1枚でモンスター・バンドへ....

GRdscgrphy@.JPG
ガンズの母体は、アクセル・ローズ、イジー・ストラドリン、
そして後のL.A.GUNSを結成するトレイシー・ガンズ等、ハリウッド・ローズと言うバンド。
アクセル・ローズとトレイシー・ガンズ、両者の姓を組み合わせ、
ガンズ・アンド・ローゼスとバンド名を改名し始動するが、
間もなくトレイシーらが脱退し、ロード・クルーと言うバンドで活動していた、
スラッシュ、スティーヴン・アドラー、そしてダフ・マッケイガンの3人を迎え入れる。

西海岸を中心に精力的にライヴを展開し、
そのライヴの模様を収めたライヴ盤「Live ?!@Like a Suicide」を、
1986年、インディーズ・レーベルから発売。
ローズ・タトゥー「Nice Boys」、エアロスミス「Mama Kin」、
2曲のカバー・ソングを含む4曲入りミニLP。
そんな彼等の展開に大手レーベル、ゲフィン・レコードが契約を依頼。

1987年記念すべき1stアルバム「Appetite for Destruction」を発表。
MTVに激震を走らせようと、過激なPVによる「Welcome To The Jungle」を、
彼等の初陣作として、ゲフィンは発表した。
ハノイ・ロックスの4thアルバム「Two Steps from the Move」に収録されている、
名曲「Underwater World」からインスパイアされたと言うこの曲。
「Underwater World」の歌詞にも“Welcome to Jungle♪”
っと言うフレーズがあり、この頃のアクセルの風貌を見ても、
マイケル・モンローを意識したファッションである。
因みに、マイケル・モンローとアクセルは、マイケルのソロ・アルバム
1989年発表作「Not Fakin' It」に収録の名曲
「Dead, Jail or Rock'N'Roll」で競演している。
この競演は、めちゃくちゃ興奮した思い出があります!!!

続くシングル「Sweet Child o'Mine」はシングル・チャート1位を獲得。
当時のアクセルの恋人エリンに捧げた軽快なロック・バラードは、
スラッシュの心地よいレスポール・サウンドが印象的であり、
ガンズを代表するナンバーである。
とにかく、捨て曲一切ナシの「Appetite for Destruction」は、
全曲シングル・カットしても良いのでは?っと思ってしまう伝説的名盤。
80年代のマスト・アイテムと言っても過言ではないハズ。

1988年、待望の2ndアルバムは、先ほどのTシャツでも触れた、
インディー盤「Live ?!@Like a Suicide」の楽曲を収録した、
「G N' R Lies」(邦題「GN'Rライズ」)を発表する。
イジー・ストラドリンの才能が光る渋い1枚であり、
アコギをフィーチャーした楽曲が多い作品。
このアルバムからの唯一のシングルであり、名バラード「Patience」は、
新たなガンズの側面を垣間見えた秀作。
「Patience」のビデオ・クリップが、スティーヴン・アドラー最後の
ガンズ・メンバーとしての姿が拝められる。

「Welcome To The Jungle」から「Patience」までの、
初期ガンズ作品のPVの監督を務めたのが、オアシスや
ブリトニー・スピアーズ、はたまたデフ・レパードなどのPVを手掛けた、
イギリス出身の実力派、ナイジェル・ディック。

THCLT.jpg
スティーヴン・アドラーのドラッグ依存症は進行していた…
1989年のアメリカン・ミュージックアワードにガンズが出演した際は、
なんと、ドン・ヘンリーが代役でドラムを叩いた。
その時、スティーヴンはドラッグのリハビリ中だったと言う。
トラブル・メイカーであったスティーヴンがガンズの元へ戻り、
新曲「Civil War」のレコーディングに入ったが、
メンバーの足を引っ張りまくりのドラミングであり、アクセルの怒りは頂点に…。
結局スティーヴンは、人気絶頂時のガンズから見放されてしまう....。

同年の1989年…ボブ・ロックのプロデュースにより発表された、
イギリス出身のザ・カルトの通算4枚目のアルバム「Sonic Temple」。
彼らを代表する名曲「Fire Woman」を収録した名作。
このアルバム発表のツアーからサポート・ドラマーとして参加したのが、マット・ソーラム。
「Fire Woman」を含むソウルフルなナンバーを武器としたカルトに、
ダイナミックなドラムを刻んでいた。
そんなマットに、カルトのツアーを観に来ていたスラッシュが一目惚れ。
これがキッカケで、ガンズ二代目ドラマー、マット・ソーラムが誕生した。

GRdscgrphyA.JPG
時代は90年代へと突入し、前代未聞の二枚同時リリース、
「Use Your Illusion」シリーズ製作が着々と進行していく…。
その間に、古くからのアクセルの友人であったディジー・リードを、
正式メンバーに迎え入れる。
当初、スラッシュとイジーから、キーボディスト加入には猛反発されていたそうだ。
5人編成となったガンズは、「Use Your Illusion」誕生の序章となる、
ボブ・ディランのカバー「Knockin'on Heaven's Door」を、
トム・クルーズ主演、トニー・スコット監督作品「デイズ・オブ・サンダー」の
サウンドトラックへ楽曲提供し、早速話題を集めていく。

個人的な思い出だと1990年初夏に、僕は父親の仕事の都合で、
アメリカ・ワシントン州へ行った。
17歳と言う羞恥心がバリバリ芽生えてしまった当時は、
恥じらいを拭いきれず、言葉の壁にぶつかっていて、
最初の高校生活はしんどかった思い出があります。
唯一励みとなっていたのが、MTVと週末の同年代の日本人の友人と会う事。
毎週土曜日のみ開校する日本人補修校と言う学校に通わせてもらっていた。
そこで知り合った友人で、現在シアトルで国際弁護士をしているK君に、
ガンズのライヴに連れてってもらった思い出がある。

スキッド・ロウとガンズのジョイント・ライヴ。
スキッド・ロウは、傑作「Slave To The Grind」を発表したばかり。
オープニング・アクトのスキッド・ロウのステージに、
本場アメリカ人の興奮する巨体がぶつかりまくった(笑)
そして、お待ちかねのガンズが登場したんだけど、
セット・リストのほとんどが知らない曲ばっかだったんだよね....。
実は、この時に披露していた楽曲のほとんどが、
後に発表される「Use Your Illusion」の楽曲ばかりでした…。

T2JD.jpg
ガンズが新作を発表するらしい?!
あの「ターミネーター」の続編が公開されるらしい?!
1991年…アメリカ生活1年目で、
なんとなくなんだけどMTVのVJの話している内容が理解出来ていて、
すげぇーワクワクしていた思い出があります。
そして、そんな期待高まる二大エンターテイメントのコラボレーションが、
ひとつのプロモーション・ビデオに集約されていた!!!
そう、「You Could Be Mine」!!!!
PV初登場となるマットのリズミカルなドラムから始まり、
ダフのノイジーなベース・ライン、そしてスラッシュのB.Cリッチーの
真っ赤なモッキンバードと言う見慣れない姿…。
そして、時折登場する正義の味方となって帰ってきたT-800こと、
シュワちゃん演じるターミネーターのバトル・シーン!!!

おおおおおおおっ!!!!!!すげぇーーーーっ!!!!
ビデオに録画して何度も観ちゃいましたよ!!!
もう、かれこれ17年前の遠い思い出なんですね…早いもんです。
因みに、この曲発表後に、スキッド・ロウとのジョイント・ツアーに行きましたんで、
この曲は盛り上がった覚えがあります。

zzy.JPG
1991年9月に満を持して、「Use Your Illusion I」、「Use Your Illusion II」、
2枚同時発売という、当時では異例な発売展開したガンズ。
既に前年の1990年に「Knockin'on Heaven's Door」と
「Civil War」を発表していたので、今作2枚から発表されたシングル、
「You Could Be Mine」、ポール・マッカトニー&ウィングスの名曲であり、
「OO7」シリーズの主題歌としても有名な「Live and Let Die」のカバー、
ブラインド・メロンのヴォーカリストで95年に他界してしまった、
故シャノン・フーンがコーラス参加した「Don't Cry」。
この3曲が1991年の1年間で発表され、どれもチャート上位に食い込む。

しかし、ガンズの名曲の裏には、必ずやその名がクレジットされていた、
サイドギター、イジー・ストラドリンが、自身のドラッグ問題、
そしてバンドの方向性に疑問を感じ、
1991年11月に正式にガンズから脱退してしまう.....。
調べてみるとイジーはマットのドラムワークが、
ガンズのサウンドには不似合いだとも思っていたらしい。
翌年イジーは、Izzy Stradlin & the Ju Ju Houndsを結成する。
僕はイジーを“ロック界の次元大介”と思っており、
彼の男臭くマイペースなスタイルが、とても好きでした。

HSALS.jpg
1992年、イジー脱退は、ガンズの動きを鈍らせたのは明らかであり、
シングル「Yesterdays」、 「Pretty Tied Up」は好セールスを得られなかった。
しかしもう1曲、1992年の名曲と呼ばれるほどの好セールスを記録し、
ロック史にその名を刻んだであろう名バラードがシングル・カットされた。
今回のピックアップ・ソングexclamation×2「November Rain」exclamation×2

トータル尺8分57秒の壮大なロング・バラードであり、
ツェッペリンの「Stairway to Heaven」、
レイナード・スキナード「Free Bird」、クィーン「Bohemian Rhapsody」、
っと言った名ロック・バラードと肩を並べられるほどの殿堂入りナンバー。
ガンズ結成当初から、アクセルが温めてきたナンバーであり、
シンフォニックなオーケストラとガンズが見事に融合した楽曲でもある。
そんな壮大な世界観を描いた「November Rain」のプロモーション・ビデオの制作費は、
なんと、1億5000万円!!!!
ハードロック・アーティストの中では、いまだにこの記録を破られていない!!!
因みに、世界一制作費が掛かったプロモーション・ビデオは、
マイケル・ジャクソンの夢の兄妹競演で話題となった「Scream」。
なんと、7億円だって!!!!

多額な制作費を投じた「November Rain」のプロモーション・ビデオは、
誰もが心に残ったビデオだったと思う。
その一番の理由は、やはり、スラッシュの荒野の中で弾くギター・ソロ。
小細工なテクニックはなく、ひたすらスピリチュアルに弾くスラッシュに、
誰もが目を奪われたのではないか??

「November Rain」のPVから、イジーのポジションについた、
ギルビー・クラークが登場した。

さてさて2008年11月は、僕にとって長ーーーい1ヶ月でした…。
明日から12月です....11月を振り返りながら、2008年残りの1ヶ月の展望を、
「November Rain」を聴きながら考えてみようと思います。

asato with greatwhite.JPG
そう言えば、「ターミネーター4」が来年の6月に公開されますね。
成長したジョンをクリスチャン・ベールが演じるそうですが、
バットマンになっちゃったりしないよね.....??(笑)
あっ、昨日の「王様のブランチ」で、我が故郷鎌倉を特集していました。
谷原章介さんのお薦めスポットと言う事でしたが、
あまりにもメジャー・スポットばかりで、ちょい残念…。
来週、鎌倉に訪れる予定なので、
僕なりなお薦めスポットをココで紹介します。
北鎌倉、小町通り、八幡宮、材木座だけじゃないですよ、鎌倉は!!!
さてさて、明日は奇跡の再結成を果たしたエクストリームでしゅ。
posted by 佐藤朝問 at 08:29| Comment(1) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
あなたの観点がうまくいった
Posted by 木谷広一 at 2013年07月21日 22:16
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。