2007年12月31日

RUNNING WILD「BLAZON STONE」

暴走野獣.JPG
今日で2007年が終わります....
読んでくださっている皆様にとって、どんな1年間でしたか?
メタル愛聴者にとっては、毎年疾風怒濤のような、
鋼鉄ライフを過ごしていきたいと思っているハズ。
でも、こればっかりは中々出来ないものですふらふら
思い起こせば、今年はガンズ、ゆらゆら帝国、コーネリアス、
あと、くるり主催のイベントのライヴなどに行きましたが、
夏フェスなどには行きませんでした.....。
フェス熱が冷めてしまった自分に気付かされた1年かも....
今年のサマソニはモーターヘッド、スーサイダルと大御所が参加し、
フジロックには、元ヘルメットのドラマー、ジョン在籍のバトルスなど、
メタラーとしても見逃せない夏フェスだった....。
こんな腑抜けな自分、当然ながらラウドパーク&スラドミも行かず...
「仕事が忙しかったから...」って理由ならキレイな理由だけど、
別にさほど忙しい1年でもなかったような気がするし、
結論で言うならば、歳をとったオジサン・モードなのかも....。

いやいや、そんな事はないちっ(怒った顔)ちっ(怒った顔)ちっ(怒った顔)
来年はワイルドに行こうじゃないかぁ!!!
この流れなら普通なら、ステッペン・ウルフなんだけど、
2007年最後のMETAL無頼漢は、2008年のワイルド・ライフに祈願し、
ジャーマン・メタルの暴れん坊、まさしく「無頼漢」の名が相応しい、
RUNNING WILDの1991年に発売された7枚目のアルバム、
「BLAZON STONE」をフィーチャーむかっ(怒り)むかっ(怒り)

目つきが怖い.JPG
もう、おいおい!!っと言いたくなってしまう彼らの井出達....たらーっ(汗)
でも、これだけのファッション・スタイル&パワーが彼らの音楽である。
決して見掛け倒しではない....それがジャーマン・メタル魂なのかも。
バンド結成は1970年代で、1stアルバムが発売されたのが84年。
バンド名の由来は、ジューダス・プリースト1978年発売の
「KILLING MACHINE」収録の名曲「RUNNING WILD」。
確かプリーストも「殺人機械」からギラギラのスタッズ・ファッションへ…(笑)
メンバー・チェンジ幾度も繰り返しながらも、2005年まで17枚のアルバムを発表!!
もう、この尊くマッチョな経歴を見ただけで、お腹いっぱいだが、
細分化著しく激しく、なのに衰退しているメタル・シーンにおいて、
「コレぞ!!メタルじゃーーーっ」っと言わんばかりのスタイルと
名曲を残してきた偉大なるバンドかもしれない....。
彼らの目を見てみなさい!!ミュージックシーンに迎合しない、
まさに、小島よしおさんの「そんなの関係ねぇ」って眼光だぁ(笑)
「前菜?そんなのいらねぇ!!肉持って来い!!!」っと言ってそうな
野獣オーラがほとばしる彼らだが、ジャーマン・メタルの代名詞である、
メロディックで壮大、それでいて緻密、そして説得力200%楽曲を世に送り込んでいるるんるん

そんな中でも、今回のピックアップ曲は、
僕の中ではRUNNING WILDのアンセムと呼ぶべき楽曲です。
アルバム「BLAZON STONE」のタイトル曲であり、オープニングを飾る、
exclamation×2「BLAZON STONE」exclamation×2

伊藤Pさんが書いてくれたように、プロレスの入場曲って
結構、メタル楽曲が起用される事が多い。
戦場であるリングに向かう自分の士気を鼓舞させる為に、
プロレスラーが、アドレナリン全開の楽曲をセレクトしている。
この「BLAZON STONE」なんか、めちゃくちゃピッタリな曲である。
アジャ・コングが現在入場で起用しているジューダス・プリーストの名曲
「THE HELLION / ELECTRIC EYE」を髣髴させます。
そう、イントロが長いんです。おまけにジャーマン・メタル節全開(笑)
自分のコンピレーション・テープを作るなら間違いなく1曲目(笑)

とは言え、カイ・ハンセン、マイケル・キスクのようなハイトーンではなく、
ウド・ダークシュナイダーのように癖はなく、
キアシュのようにドスの効いたヴォーカルではない....
どちらかと言うと、オッサン声のヴォーカル、ロックン・ロルフ....。
でもお決まりの加速力ある三連譜リフと彼のヴォーカルが合わさると、
「ようこそ!ランニング・ワイルドの世界へ」…っとなってしまう。
もう、このエッセンスが詰まりまくった名曲「BLAZON STONE」。

とにかく男気...もとい「漢気」溢れまくっているので、
デートのドライブには絶対に流してはいけませんがく〜(落胆した顔)がく〜(落胆した顔)
因みに彼らは来日公演をした事がありませんがく〜(落胆した顔)
今回のアルバム「BLAZON STONE」のボーナストラックには、
Thin Lizzyのカヴァーが収録されております。えええ!!!って仕上がり(笑)

asato with megadeth.JPG
今年の買ったアルバムのベスト・アルバムなんだろうなぁ...
トニー・ムーアの新プロジェクト「FAITH AND FIRE」かなぁ音楽
メタラー失格かもしれないけど、WRENCHの「nitro」が一番よく聴きました。
あっ邦楽だったあせあせ(飛び散る汗)すごいカッコ良かったですヨぴかぴか(新しい)
それでは、みなさん、飲み過ぎに注意して、素敵な年越しを!!!

Thanks A Lot!!!
HAVE A GREAT 大晦日!!!

Shine, shine on,
through the routine work
and the pain…

Shine, shine on, heavymetaler!!!
posted by 佐藤朝問 at 01:04| Comment(1) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ある日、ブックオフで時間を潰していた。
250円〜の激安コーナーで物色。
ドイツのメタルバンドの2枚組ベストを発見。
500円。

これはお買い得だ!と即購入。

家に帰り、聴くが1曲目から違和感を覚える。
「あれ?もっと大仰だったよなぁ、このバンド」

と、買ったCDを再確認。

BLIND GUARDIANだと思って、
RUNNING WILDを買っていたことに気が付く。

語呂もなにも合っていない。
合っているのはドイツだけ。

あぁ、こういう勘違いは歳を感じるんだよね。
気持ち的に大ダメージ。

で、このバンドの2枚組ベストは、
入門編じゃないね。

疾走しすぎて、全部同じ曲に聴こえてしまった。
トータル的なアルバムとして、
メリハリつけて聴く方が良いと思う。
(アルバム単位で聴いたこと無いけど)

なもんで、いつもベストアルバムは流し聴きだったんだけど、
今回改めて意識して、
「BLAZON STONE」を聴いた。

メチャ、カッコイイ。
ヤバイね。これ。
ちょっとIron Maidenぽくない?

これは入場テーマだね。

出来ればアメリカ系以外のレスラーに出てきて欲しいな。
決して、ハンセンやブロディじゃない。
かつて、ヴォルク・ハンの入場テーマを彷彿させる壮大さがあるね。

未知の強豪、現る!!

イントロが2分以上だから、
ドームクラスの会場じゃないと、
盛り上がる前にリングインしちゃうけどさ。
(後楽園ホールとか。栄えねー)

>Thin Lizzyのカヴァーが収録されております。

Thin Lizzyファンだから調べてみたけど、なんでこの曲をチョイスしたんだろうか?狙いすぎ。

>デートのドライブには絶対に流してはいけません

エッ?駄目?駄目なの?

環八を用賀方面に南下し、
砧公園の前の信号待ち辺りからこの曲をかけて右折すれば、丁度東名高速の進入レーンあたりで、ギターリフが始まり、“加速します!!”って感じで、アクセルを踏み込む。

“あぁ、なんか曲とあってるね。「Highway Star」じゃないところが、意外でステキ!”

アナタの抜群の選曲センスに、助手席の彼女もイチコロさ。

Posted by 伊藤P at 2008年01月02日 01:40
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/75571220

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。