2008年01月29日

VIPER「STILL THE SAME」

ヴぃぱーJPG
うちには愛猫の「あぷ」って猫がいます猫猫
マンチカンって種の猫で、短足猫ちゃんであり、
猛ダッシュする姿を上から見ると、足が見えないので、ツチノコみたいですわーい(嬉しい顔)
スコティッシュも入っているみたいで、耳が垂れちゃってるんだよね揺れるハート

what's apu.JPG僕の部屋は最近異様にメタルが流れ、
CDが散乱しまくりなので、
足の短いコイツは大変そうです。
ギターのチョーキング音に、
超敏感に反応するんだよね....
多分猫の鳴き声に似ているから??
熱いブログを綴っている自分ですが、
コイツと戯れている姿は、
誰にも見られたくないですがく〜(落胆した顔)(笑)
当然ながら気持ち悪い声出してますがく〜(落胆した顔)
METAL無頼漢なんて、男気あるマッチョなタイトルですが、
時々コイツが出てくるかもしれません…よろしくお願いします(笑)
ファスター・メタル・キャットってかぁぁ?

さてさて1月最後のアーティストは、アングラの元ヴォーカリストであった
アンドレ・マトスが在籍していたことにより有名?になった、
ブラジリアン・メタルバンド、VIPER!!!
マトスが脱退し、新生VIPERとしての始動作であり、通算3枚となる
「EVOLUTION」をピックアップ!!
「EVOLUTION」=「進化」....進化したVIPERをヨロシク♪っと言う
意気込みを感じさせる、エッヂの効いたスラッシュナンバー満載の1枚。

ばいぱぁ.JPG
レイヴンのギャラガー兄弟のように、VIPERもパシャレル兄弟を中心に85年に結成。
あっオアシスもギャラガー兄弟だね....ふらふら
昨年待望の復活作をリリースし、ベスト盤&LIVE盤含め、
9枚のアルバムを発表し、今もなお頑張っているバンド。

とは言え、やっぱマトス在籍時のアルバムが、
メタラーの間では評判が良く、特に2ndアルバム「Teatre of Fate」は、
名盤と呼ばれているんじゃないかと思う。
シアターのスペルは誤植じゃありません(笑)
マトスが、その後に名曲「Carry On」を引っさげシーンを席巻した、
アングラ人気の高さを思い返せば、
マトスの勢いの余韻が残る「Teatre of Fate」は名盤かもしれない。

さ〜てハイトーン・ヴォーカリストが欠けてしまったVIPER…。
このまま解散かぁ??っと思ったら、たくましく戻ってきたむかっ(怒り)
新ヴォーカリストを迎えるわけでなく、
ベーシストのピット自らがヴォーカルを務め、4人編成の新VIPERとして、
今回の3rdアルバムとなる「EVOLUTION」を発表した。

っていうか、このアルバム、名盤中の名盤だと思います。
マトス在籍のVIPERって、コピーバンドの初々しさみたいなのがあり、
「EVOLUTION」から、確固たるアイデンティティが楽曲から伝わる!!
このアルバムには、なんとQUEENの「WE WILL ROCK YOU」の
カヴァーも収録されていたりして、遊び心も垣間見えるんだけど、
ソリッド感溢れたメタル・ナンバーがひしめき合うように収録されている。

そんでもって今回のMETAL無頼漢ピックアップ曲は、
アルバム6曲目収録のexclamation×2「STILL THE SAME」exclamation×2

来月、このMETAL無頼漢のピックアップ曲がキャンシステムの
ヘヴィメタル・チャンネルでオンエアされるんですが、
「ロックとXX(チョメチョメ)」でお馴染み、サイトウD君に、
第一回のプリティメイズからヴァイパーまでを持って行ったら、
なんと、ほとんどが6曲目収録曲ばかりだった事に気付き、ビックリ!がく〜(落胆した顔)
B面の1曲目に惚れやすい自分に気が付きました(笑)

さてさて、「STILL THE SAME」ですが、
イントロはメタラーのハートを鷲掴みにするような、
リズミカルなドラミングで始まり、テスタメントを髣髴させる
ザクザクしたギター・リフから始まる....
最初のサビ終わりで、ピットが「That's Right!!!」っとシャウトすると、
ベース・ソロ展開が始まり、それから滑り込むように、
低音域のトルクフルなギターが炸裂する...
とにかく、この流れが僕は大好きなんですexclamation×2exclamation×2
ベーシストであるピットがヴァイパー・サウンドを支配した事により、
今までのヴァイパーには無かった「重さ」が加わったんだよね...

ブラジルって言うと、アングラ&セパルトゥラのイメージが強いけど、
メタル・シーンのダークホース的存在のヴァイパーは、とっても好きです。

asato with sex pistols.JPG
先日キャンシステムで、KAT-TUNの来月発売する新曲の
告知ナレーションをさせていただきました。
いやぁーイントロ聴いたら、結構LAメタル流なリフにビックリがく〜(落胆した顔)
編曲を担当された、Yukihide"YT"Takiyamaさん、
調べてみると、大阪生まれのバークリー音楽院出身で、
ボニー・レイット、ハービー・ハンコック、パット・ベネター、
またレッチリや元アリス・イン・チェインズのギタリスト、
ジェリー・カントレルとも共演のある凄いミュージシャンでしたがく〜(落胆した顔)
イントロのベースがたまんないって思ったら、
Yukihide"YT"Takiyamaさん、ベーシストでしたるんるん

考えてみれば、トラジ・ハイジの「ファンタスティポ」の
作曲はANTHEMの清水さんだったし、ロック・ミュージシャンが、
アイドルへ楽曲提供するのは素晴らしい事です。
「ファンタスティポ」は踊りながらカラオケ歌う僕です(汗)
posted by 佐藤朝問 at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。