2008年02月29日

GREAT WHITE「Love Is A Lie」

グレイトホワイト.JPG

tamio's song.JPGここ最近色々な事が起きてます....。
そんな時に聴きたくなるのが、
奥田民生氏の
「それはなにかとたずねたら」。
民生氏32歳の時のミニ・アルバム
「FAILBOX」のラストナンバー。
歌詞を見ながら聴いても、
いまだ、この世界観が残念ながら
理解できていません。たらーっ(汗)

徐々に春らしい気候に…心機一転の時期なのに、
なんだか、この曲の歌詞のように、複雑で、曖昧で、行く先が見えんなぁ

さて、有線放送キャンシステム&スペース・ディーヴァで、
METAL無頼漢のピックアップ曲が流れ始めて、1ケ月目。
放送の事を考えるならば、メタルメタルな曲ばかりでは、
構成上つまらいものであり、メタル初心者に「HR/HM」の奥深さを伝えられない...。

やはり、バラード曲もプログラムに組み込まないと…
メタル、ハードロックのアーティストたちが作り上げる美しき旋律。
「悲哀」、「哀愁」、「傷心」、「沈痛」…こんなワードが聴く者の心に突き刺す楽曲陣。
歌詞の世界観をヴォーカルが悲しく、激情に歌い上げ、ギターが泣きまくる....
そんな数々のバラードたちをピックアップする事で、
プログラムもグッと引き締まり、聴いてくれるメタラーは涙してくれるのでは??

さて、最初のバラード・ソングは、グレイト・ホワイト。
グレイト・ホワイトと言えば、2003年2月20日、
アメリカ・ロードアイランドにあったナイトクラブ「ザ・ステーション」での
痛ましい火災事故が思い浮かんでしまう....。

悲しいニュースが先行してしまうバンドだが、
LAメタル全盛期に登場したバンドであり、ハードロックとブルースを、
巧みに調和させた、通向けなバンドである。

今回のMETAL無頼漢ピックアップ・アルバムは、
通算6枚目となる「PSYCHO CITY」

ホオジロザメ.JPG

グレイトホワイトは、ヴォーカルのジャック・ラッセル、
ギターのマーク・ケンドールを中心にロスで結成。
当時のバンド名は、ダンテ・フォックス。

映画「ジョーズ」でお馴染み、ホオジロザメの英語名「グレイトホワイト」に改名。
1984年に、ザ・フーの「Substitute」のカバーを収録した、
1stアルバム「GREAT WHITE」をリリース。

84年と言えば、メタル全盛期であり、ハードロック・アーティストも、
チャートを賑わし始めている頃…。
群雄割拠なタイミングでデビューしてしまっただけに、
グレイトホワイトは、一発屋に近い存在として見られていた。

彼らがロックシーンで輝き始めたのは、
1987年リリースの3rdアルバム「Once Bitten...」。
シングル・カット「Rock Me」が大ヒット。
この曲のPVを観たのは、小林克也氏の「ベストヒットUSA」。
別に疾走感あるナンバーでもないのに、カッコいい曲だと思いましたね。
この曲のラストで聴かせるマーク・ケンドールのギター・ソロがサイコー。

彼らの勢いは、当時のデビューしたばかりのスキッド・ロウ、
ウィンガー、ウォレントなどを押し退け、
「ONCE BITTEN TWICE SHY」でチャート・イン・バンドの仲間入りを果たす。

ロック用語に、皮肉な言葉で「Led Zeppelin clone」…
「ゼップ・クローン」なんて言葉があります。
ツェッペリンのパクリ・バンドとして見られてしまうバンド。
有名なのは、キングダムカム辺りなんだけど、
グレイト・ホワイトも、やっぱゼップ・クローン的バンド。
ブルージーなサウンドを軸にしていたし、
なんと言っても、ヴォーカル、ジャック・ラッセルが、
ロバート・プラント極似のハイトーンだった。

今回のピックアップ曲は、8分強の大作バラードであり、
ツェッペリンの名曲「天国への階段」を髣髴させます。
1992年リリース、長尺ナンバーばかりで、
かつ大半がブルージーなナンバー収録の6thアルバム「PSYCHO CITY」の
8曲目に収録されているexclamation×2「Love Is A Lie」exclamation×2をフィーチャー。

美しいピアノ&マークの泣きまくったギターから始まる....。
情緒溢れるジャックのヴォーカルは、ロバート・プラントそのもの。
8分もある大作だけど、後半の2分間はゲイリー・ムーアの名曲
「Still Got The Blues」の世界観を髣髴させる、
マークの涙腺ゆるみまくりのギター・ソロが堪能出来るたらーっ(汗)

asato with def leppard.JPG
うるう年の貴重な1日をありがとう....

今月は、いっぱい泣いたなぁ....

posted by 佐藤朝問 at 00:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。