2008年03月01日

SCORPIONS「Coast to Coast」DEF LEPPARD「Switch 625」

instrumental albums.JPG

lizzy.JPG3月に突入しました。早いもんです…。
さて、一昨日スペースシャワーTVで、
なんとリジー・ボーデンの
新作PVを観てしまいましたかわいい
不動なメタル旋律の持続っぷりに、
嬉しさが込み上げたんだけど、
彼らのルックスがショッキングな風貌に。
元々、悪魔的存在感のリジー・ボーデン。
まるでクラウザーIII世??
全盛期のミスフィッツを連想させます。

さて、今日はMETAL無頼漢を、よりプログラムらしく構築しようと、
オープニングとエンディングのインスト・ナンバーを決めました。

現在、有線放送キャンシステムとスペース・ディーヴァでは、
毎週水曜12:00、金曜18:00、日曜0:00に約2時間の放送枠を頂いております。
2007年12月17日から昨日までの13曲と、今月紹介していく5曲の
合計18曲が本日から放送スタート。
そのプログラムの序章となるインストナンバーと、
プログラムの終わりを告げるインストナンバー2曲を組み込み、
1プログラムとしての存在感を確立していく目論みです手(チョキ)

HR/HMのシーンには多くのインストナンバーがあります。
バンドのカラーが色濃く出ている楽曲もあれば、
ギタリストのテクニックが冴え渡る技巧派ナンバーなどなど....

アルバムの中に、ひっそりと収録されているものもあれば、
抜群な存在感を放つインストナンバーなどは、
ギター・キッズを中心に、メタラーの心を揺さぶったハズ。

今回は、METAL無頼漢 SEASON1(海外ドラマみたい(汗))と題して、
SEASON1のプログラムのオープニング曲とエンディング曲に選ばれた
インストナンバー2曲を紹介させていただきますひらめき

蠍在籍時の神.JPG

おやや.JPGMETAL無頼漢 SEASON1の
オープニングを飾るのは、
スコーピオンズの1979年発表6thアルバム
「LOVEDRIVE」からピックアップ。
←スコーピオンズ毎度お騒がせの
問題アリアリの初回盤ジャケット(笑)
マイケル&ルドルフの兄弟競演
exclamation×2「Coast to Coast」exclamation×2

このアルバム、ギタリストのクレジットには、
マティアス・ヤプス、ルドルフ・シェンカーとマイケル・シェンカーの3人。
スカイ・ギターでお馴染み、ウリ・ジョン・ロート脱退後の作品で、
UFOから逃亡?してきたマイケル・シェンカーを迎えて作成された、
ある意味貴重なナンバーが3曲収録されている。
そのうちの1曲が、今回の「Coast to Coast」。

初期デフレパ.JPG
METAL無頼漢 SEASON1エンディングは、
成功と苦難を経てきた、イギリスの雄、デフ・レパード。
彼らの1981年発表の2ndアルバム「High'n'Dry」から、
故スティーヴ・クラーク作のexclamation×2「Switch 625」exclamation×2
大名盤「炎のターゲット」、「ヒステリア」から聴いたファンには、
想像もつかない重みのあるメロディー・ライン!!!
現デフレパのフィル&ヴィヴィアンではない、
初期デフレパのスティーヴ&ピートのツイン・ギターを堪能してくれ!!

この2曲の共通項は、ツイン・ギター競演曲。
「Coast to Coast」はマイケル・シェンカーとルドルフ・シェンカー。
「Switch 625」はスティーヴ・クラークとピート・ウィリス。
派手なテクニックは無く、叙情感溢れるリフが曲全体を支配している。
両曲とも30年以上前の楽曲であり、泥臭いブリティッシュ臭さが印象的。
今聴いても新鮮さが失われていないエポックメイキングなインストでしょう。

もうひとつの共通項は、2曲ともライヴ定番のナンバーどんっ(衝撃)
30年以上のキャリアを持つ、大御所の両バンドは、
今もなおシーンで活躍中であり、そんな彼らを長年愛していたファンには、
この2曲は、彼らのアンセム的ナンバーであること。

firebird.JPGあと、上記の4人はギブソン社愛好家?
シェンカー兄弟は、ご存知フライングV。
スティーヴ・クラークはファイヤーバード。
ピート・ウィリスもファイヤーバードっぽいんだよな...??
あっ…残念ながらプログラムの尺の問題もあり、
「Coast to Coast」は1分間、「Switch 625」は2分間流れます。もうやだ〜(悲しい顔)
この2曲を知っている方で、METAL無頼漢を聴いていたら、
始まりと終わりを認識してください。
是非とも、ご愛聴よろしくお願いします。

asato with europe.JPG

今日から公開の「劇場版ONE PIECE〜冬に咲く、奇跡の花」で、
劇場で三菱鉛筆のコラボ・キャペーンのCMが流れます。
僕がナレーションしちゃってますんで、
ONE PIECE好きのお子さんが、いらっしゃるメタルお父さんは要チェック!!!わーい(嬉しい顔)わーい(嬉しい顔)わーい(嬉しい顔)


posted by 佐藤朝問 at 03:47| Comment(1) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
毎度、伊藤Pです。

デフ・レパードはHR/HMバンドの中で、
もっとも愛着のあるバンドだ。

『アドレナライズ』以降、来日公演があれば、
必ず2DAYS行っている。

「Switch 625」は確かにインストの名曲だよね。
「Bringin' On The Heartbreak」からメドレー形式で始まるので、
その曲だけ抽出すると頭が切れているのが玉に瑕だけど。

さて、“ライブの定番”という記述がありますが、
必ずしも「Switch 625」はライブの定番とは言えないかなと。

『High'n'Dry』から『炎のターゲット』の頃は、ライブで頻繁に演奏されていた
ようですが、『ヒステリア』ツアーあたりからはあまり演奏されていません。

『アドレナライズ』のツアー、93年の日本武道館公演でも、確か、この曲は演奏されていません。

96年の日本武道館公演でも確か演奏されていないような覚えがあります。
いや、演奏したかなぁ・・・
やったとしても「Bringin' On The Heartbreak」からメドレーではなかったと思
う。

流石に10年以上も前なので、良く覚えておらん。

99年の『ユフォーリア』ツアーでは、ネットで調べると、全7公演中「Switch
625」は1公演のみ演奏されている。
(他の公演では「Love Bites」が演奏されていた。どっちが聴きたいか?究極の
選択だね)

因みに伊藤Pは99年のツアーも2DAYS行っているが、共に「Switch 625」
が演奏されなかった公演だった。

そして、忘れもしない02年の『X』ツアー@渋谷公会堂(現:CCレモン)。
「Bringin' On The Heartbreak」が終了し、終わるかと思ったらそのまま一定の
ベース音とギターのディレイで伸ばし、「ひょっとして!?」と思ったら、
「Switch 625」のギャッギャギャ〜ンというアルペジオが鳴り響いた。

そう、「Bringin'」〜「Switch」という流れを伊藤Pがライブで初めて聴いた瞬
間だったのですよ。

ゾワワワワワァ〜

超感動でゴンス!

この日は一人で見に行っていて、次の日は後輩と見に行く予定だった。
一緒にこの感動を共有したかったと猛烈に思ったことを今でも覚えている。

翌日の公演でもこの流れは変らずで、後輩も大喜びでした。

デフ・レパードと言えば『炎のターゲット』以降が有名であり、
この曲が収録されているセカンドアルバムの所有率は、圧倒的に低いと思われ、
ある意味、古くからのファンや、本当にデフ・レパードが好きなファンのための
曲なのかも。

因みにこの渋谷公会堂のセットリストは素晴らしかった。
『アドレナライズ』ツアー以降、あまり演奏されなくなた「Stageflight」もやっ
てくれた。
個人的にはデフ・レパード・ライブにおいて最強のオープニング・ソング。
「I say welcome to my show!!!!」だぜ!!

そして、最後の曲は「Wasted」。
セカンド以上に所有率が落ちるであろうファーストからの唯一の選曲。
知らないのか、のれていないお客さんが大勢いた。
反面、コアファンは歓喜していた。

そんなデフ・レパードですが3月に新譜が!!
4年に1枚!オリンピックバンド!北京オリンピックにぶつけてきたぜ!
と、思っていたら発売延期・・・

ガァァァァァ〜ン!!!

どうやら日本では4月30日発売のようで。
「Songs from Sparkle Lounge」と長いタイトルです。
新境地開拓かな?「Slang」の二の舞だけは勘弁して欲しいな。

今日はデフ・レパードを聴きながら帰ろう。
Posted by 伊藤P at 2008年03月04日 09:35
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/87771842

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。