2008年03月22日

ALICE COOPER「Freedom」

ありすくっぱ.JPG

apu with savatage.JPGお陰様で1万アクセス突破致しました!!!!
これも、古典メタルを愛する皆様のお陰です。
ブログを書いている方なら、ご存知だと思いますが、
管理者ページにて、アクセス解析の詳細が解ります。
時間別、リンク元、検索エンジン、検索ワードなど....。
ブログを綴る側としては、mixiの足跡同様、
アクセス経緯というものは気になります(笑)
今日で約3ヶ月目を迎えたMETAL無頼漢。
過去のアクセス解析を改めて見てみると、
何故だか、VIPERの記事が一番人気?!
どうやら、うちの猫の初登場が要因みたい....。
メタル人気ではなく、マンチカン人気なのか??
いやいや楽しみにしてくださっている方もいらっしゃるハズがく〜(落胆した顔)
ってなワケで、うちのアプを載せてみました猫

さて、来週の25日と27日、東京は新木場スタジオコースト、
大阪はIMPホールで20年振りの来日公演を控えている大御所アリス・クーパー…。
彼を恐れ多くもフィーチャーさせていただきます。
まったく、2008年始まったばかりだと言うのに、大御所の来日ラッシュ!!

ロック・シーンに君臨するアリス・クーパー卿は、
結構映画にも出ているマルチな面も兼ね備えたお方。
古くは、ビージーズ&ピーター・フランプトンの
主演ミュージカル映画「サージェント・ペパーズ」や、
ジョン・カーペンター監督作「パラダイム」、
「エルム街の悪夢 ザ・ファイナルナイトメア」、
そしてマイク・マイヤーズの「ウェインズ・ワールド」など、
なんとなく、出たがりの目立ちたがり屋のオジサンのイメージがあった。

でも今回のブログで彼を調べてみると、やはりロック界のカリスマなんだと、
改めて認識させられました がく〜(落胆した顔)がく〜(落胆した顔)

ロックシーンを常に牽引してきたアリス・クーパーの存在を知ったのが、
今回のピックアップ・アルバム、アリス・クーパーソロ作10枚目となる、
「Raise Your Fist and Yell」
ジューダス・プリーストの「ラム・イット・ダウン」のジャケットの続き?
ってマニアックな連想を思い起こさせる、奇抜なジャケットワーク(笑)

やっぱり大蛇.JPG
先月の2月4日に還暦を迎えた、“ショック・ロック”の元祖、アリス・クーパー。
おもいっきり団塊の世代の歴史あるお方…。

同い年を調べてみると、ブラック・サバスのトニー・アイオミ、
エアロスミスのスティーヴン・タイラー、イギー・ポップ、
クイーンのブライアン・メイ、カルロス・サンタナ、
AC/DCのブライアン・ジョンソン、サミー・ヘイガー、
ジューダス・プリーストのグレン・ティプトン、
イーグルスのジョー・ウォルシュ、
スティーリー・ダンのドナルド・フェイゲン....

おおおおおっ大御所揃いですね....。
こうやって調べてみると、アノ人が!!!って発見ばかりでした(笑)

さてさて、本名ヴィンセント・ファーニアことアリス・クーパーは、
アメリカはデトロイト出身。
意外にも、16歳の時ローカル・テレビショーの応募から彼の軌跡は始まる...。
そして、後のアリス・クーパー・バンドで共にした、
グレン・バクストンたちとザ・スパイダースを結成。
高校卒業後に、ロスへと向かう....。

スパイダースから、The Nazzへバンド名を変更。
因みに同時期に、トッド・ラングレンはNazzというバンドで活躍していた。

アリス・クーパーと名乗り、徐々にメイクなどをする、
サイケな世界を醸し出すバンドへと変わっていく....。
因みに高校時代、アリスとグレンは、同じ美術のクラスだったらしく、
お互いサルバトール・ダリの絵が好きだったそうだ。

ある日、とあるバーで演奏していた彼らを見つけたのが、
当時のフランク・ザッパの新レーベル、ストレート・レコードのマネージャー。
んじゃあ、そいつらをオーディションしてやるか!!
っとフランク・ザッパは、彼らに「うちに7時に来てくれ」っと伝えた。
そうしたらザッパは19時のつもりで言ったのに、
彼らは早朝7時にザッパ宅に訪問し、早朝だというのに思いっきり演奏!!(笑)
そんなこんなで、ついにメジャー・デビューを果たす。
1969年リリースの1stアルバム「Pretties for You」。
この悪ガキっぷり全開のバンド・メンバー5人は、
実は高校時代のクロスカントリー部で一緒だった仲良しグループ(笑)

夢の狂宴.JPG1971年、名曲「I'm Eighteen」を収録した
アルバム「Love It to Death」を発表。
「I'm Eighteen」は、ANTHRAXのデビュー作
「Fistful of Metal」にカバーが収録。
この曲をキッカケに、アリス・クーパーは、
ロック・シーンをブレイクスルーしていった。
同年には、ピストルズのジョニーが
こよなく愛した4thアルバム「Killer」を発表。
収録曲「Desperado」は、友人であった
ドアーズのジム・モリソンに捧げた名バラード。
このアルバムには、リック・デリンジャーも参加ぴかぴか(新しい)
この「Killer」の発売に行ったツアーから、
お馴染みの大蛇、人形の破壊、
そしてギロチンのセットなどがあり、
ロッキー・ホラー・ショーばりな悪魔的世界観を確立。がく〜(落胆した顔)

彼らの勢いは止まらず(僕のブログも…)翌年の1972年に、
アリス・クーパーのアンセム的楽曲「School's Out」を収録した、
5thアルバム「School's Out」はビルボード・アルバム・チャート2位!!
翌年の6thアルバム「Billion Dollar Babies」には、
ギタリストとして、故マーク・ボランが3曲参加している。
このアルバムで最も有名なのは、ライヴの定番である、
「No More Mr.Nice Guy」でしょわーい(嬉しい顔)わーい(嬉しい顔)

1974年に発売されたベスト盤により、アリス・クーパー・バンドは解散。
翌年の1975年、アルバム「Welcome to My Nightmare」でソロ・デビュー。
多くの著名プレイヤーがアルバムに参加。(トニー・レヴィンも参加)
収録曲「Only Women Bleed」は、後に多くの女性アーティストがカバー。

とにかく、70年代コンスタントに発売し続けるアリス・クーパー。
そんな中、1978年リリースのアルバム「From the Inside」は、
コンセプト・アルバムに仕上げ、作詞にエルトン・ジョンの楽曲の
作詞家で有名なバーニー・トーピンを起用し、なによりビックリなのは、
プロデューサーに、あのデヴィッド・フォスターを起用。
TOTOのスティーヴ・ルカサーも1曲ギターで参加....。

80年代も、貪欲にリリースし続けるアリス・クーパー...
1983年までには、初期アリス・クーパー・バンド時代合わせて、
なんと、 17枚もアルバムをリリース!!!
後のアーティストに多大な影響を与えた事は言うまでもないむかっ(怒り)

ギタリスト 怒りのアフガン?.JPGそしてお待たせのケイン・ロバーツ登場!!(笑)
1986年発表の「Constrictor」により、
LAメタルなサウンドを発信したアリス。
その立役者が左のマッチョ・ギタリスト、
ランボー?っと思ってしまうケイン。
僕世代はアリス・クーパーって言うと、
彼のイメージが非常に強いんだよね。
86年と言えば、スタローン大好き少年だったし(笑)
彼が持つ機関銃を改造した、
通称“ロケット・シューティング・ギター”を
まさに武器として、ステージで大暴れ!!
とは言え、元々アリス・クーパーのステージ自体が、
悪魔仮装パーティーのようなものなので、
さほどケインの存在は浮かなかったかも(笑)
そんなケイン、ただの色物ギタリストではなく、
ギター・テク、サウンド・ライティング、ヴォーカルと
多彩な面を兼ね備えたギター・ヒーローの一人。
ジョージ・リンチばりな攻撃的ギター・ワークだよ。

80年代後半から失速がちだったアリス・クーパー。
そのアリスが、「13日の金曜日 PART6 ジェイソンは生きていた」に楽曲提供。
それが「Constrictor」のラスト・ナンバー「He's Back(The Man Behind the Mask)」。
落雷と共に復活したジェイソンと同じくして、
アリス・クーパーも、この曲で復活を遂げた事になる....ふらふら

そんでもって、やっと今回のピックアップアルバム「Raise Your Fist and Yell」に…。
このアルバムには、ボン・ジョヴィのジョン&リッチー、
さらにはエアロスミスのジョー・ペリーなども楽曲制作に参加。
因みに1979年に一旦エアロから離れたジョー・ペリーは、
エアロに戻る前に、アリス・クーパーに参加しようと思っていたらしい...がく〜(落胆した顔)

さて、収録曲「Lock Me Up」には、映画「エルム街の悪夢」のフレディを演じる
ロバート・イングランドを迎えたりと、相変わらずのホラー・マニア(笑)

また9曲目の「Gail」はアリスの奥様のミドルネーム(笑)
意外とこの頃のHR/HMアーティストは愛妻家が多い(笑)

そんな「Raise Your Fist and Yell」から、今回のMETAL無頼漢ピックアップ曲は、
オープニング・ナンバーであるexclamation×2「Freedom」exclamation×2

みんな毛深い.JPG
まず、この「Raise Your Fist and Yell」で忘れてならないのが、
アリスの前作「Constrictor」時のナイトメア・リターンズ・ツアーから参加した、
後のウィンガーのフロントマン、キップ・ウィンガー(左から2番目)と、
ポール・タイラー(右端)が、「Raise Your Fist and Yell」で、
アリス・クーパーの正式メンバーだった事。
キップはベーシスト、ポールはキーボーディスト。

デビュー時のウィンガーを振り返ると、
レブ・ビーチがリード・ギター、そしてポールがサイド・ギターのイメージ。
でも、ウィンガーの名曲「Headed For A Heartbreak」の
全編をクールに彩るシンセサイザーはポールの演奏である。
(後にレブ・ビーチもアリス・クーパーのツアー・メンバーに(笑)<ドッケン加入前>)

ってなワケで乱暴…もといランボー似のケイン・ロバーツ、
キップ・ウィンガー、ポール・タイラー、
そしてドラムは、後にチャステインやインペリテリ、
バッド・ムーン・ライジングなどで活躍したケン・マリーという最高の布陣。
「Raise Your Fist and Yell」の次回作であり、アリスの最高傑作と呼び声高い、
アルバム「Trush」のツアーからは、名ギタリスト、アル・ピトレリを輩出するなど、
アリス・クーパーは、オジーばりに名プレイヤーをシーンに送り込んだ一人かも.....。

さて話が反れちゃいましたが、ピックアップ曲「Freedom」。
ケン・マリーの激しいドラムから始まり、
ケインのトレモロ・アーム&ピック・スクラッチという、
L.A.GUNSかぁ?!って思ってしまう王道のLAメタルな出だし!!

アリス・クーパーとは思えない疾走感溢れるバリバリなロック・チューン。
サビの「フリーーーダーーーム」のバックコーラスは明らかに、
こぶしの利いたキップのヴォーカルです(笑)
ケインもキップもヴォーカリストとしての才があるわけだから、
とっても、バックのシャウトが厚みがあってサイコーです。
所々で、さり気なく鐘の音が響くところなんかは、オジーっぽい。

偉大なる経歴を兼ね備えたアリス・クーパーの新たな一面に、
アリス・クーパー・バンド時代からのファンは戸惑ったかもしれないが、
僕にとっては、アリス・クーパーの登竜門的アンセムであり、
後の大名盤「TRUSH」へと繋がったんだよねぴかぴか(新しい)

素敵なオジサマと恐怖のオジサマ.JPG
どんどん、いけない方向に進みましたね....たらーっ(汗)たらーっ(汗)
還暦ロッカー、アリス・クーパーの来日公演、一体どんなステージに??

「長いよっ!!!」って文句言うなぁぁすいませんたらーっ(汗)

asato with Annihilator.JPG

そういえば、各夏フェスの出演アーティストが、
徐々に発表されてきました。
フジロックの大注目は、マイブラこと、MY BLOODY VALENTINE!!!
イアン・ブラウンがソロって事は、
ストーン・ローゼス復活は、またもや砕け散っちゃいましたもうやだ〜(悲しい顔)
プライマル・スクリーム、ザ・ミュージックも決定。
ライバルであるサマソニは、なんとピストルズとヴァーヴ!!!
プロディジーにファットボーイ・スリムがく〜(落胆した顔)
おまけにジザメリ?メリチェン?
ジーザス&メリーチェインも来ちゃう!!!
サマソニは相変わらずの勢いを感じます!!!
今年はUK勢力を感じる夏フェスかもしれませんね〜♪

昨日のワイドショーでTOTOとボズ・スギャッグスの
ライヴの様子が報道されていたけど、
ボズ、全然歌えてないイメージだったなぁ....もうやだ〜(悲しい顔)
彼の名曲「ウィア・オール・アローン」を聴くと、
養成所時代の最終オーディションを思い出しますたらーっ(汗)

★追伸★
ただいま午前4時…夜
WOWOWでボン・ジョヴィの今年1月のライヴ再放送観てまするんるん
やっぱ色褪せないね、彼らは…
まさか、「Raise Your Hands」演るとは…ふらふら
ジョンって最近胸毛剃ってるのかなぁ??(笑)
サイドギターを弾いている奴は誰だぁ??
バイオリニストのお姉様がキレイだぁぁハートたち(複数ハート)
う〜ん、最近のボン・ジョヴィのライヴにはストリングスがいるんだね。


posted by 佐藤朝問 at 00:03| Comment(1) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
そうそう!ボン・ジョヴィのバイオリンのお姉様、いいですよね。アンプラグドにもいましたよ。当然そのときから気になってました。男ってバカね。みるとこいっしょ。最後のとこだけ反応してすいません・・
Posted by MEGANE BRAIKHAN at 2008年03月25日 19:42
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/90393183

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。