2008年06月08日

Hear'n Aid「STARS」

H'NA.JPG
今年の10月にデフ・レパード&ホワイトスネイクが、
ダブル・ヘッダーでの来日が決定し、オリンピック・イヤーである2008年は、
驚くほどに大御所のメタル・バンドの来日ラッシュです。

我々にとっては、嬉しい年かもしれませんが、
やはり、ミャンマーのサイクロン災害、中国四川省の大地震と、
2008年まだ上半期だと言うのに、悲しいニュースが多いのも事実。

名曲3選.JPG違う国で起きたニュース....。
このニュースを観て、我々はどう思うのか?
ミャンマーと四川省の災害は先月であり、
1ヶ月が経った6月において、
徐々に時間とともに風化してしまうのが、
正直な話しような気がします。
その原因は、国内でも嫌なニュースが飛び交ってるから。
嫌なニュースが、過剰な報道により、
視聴者が知る必要ない情報までも耳に飛び込む....。
こんなニュースとミャンマー&中国での災害とが、
並行に報道されてしまうので、
重要性がファジーになってしまうような気がする。

複雑な外交問題により、当初の中国、ミャンマー両国の、
日本政府支援の受け入れの対応に
少々疑問はあったけれど、被災者である当事者に、
純粋な気持ちで、手を差し伸べることは、
人としての「思いやり」、「まごころ」を再確認できる時....。
これは万国共通な思いじゃないかしら??
とは言え、原油高騰、食物資源不足により、僕ら自身の生活も苦しくなってきており、
他人よりも自分たちの生活が大変なのも事実…。
自然災害、資源問題…
今まで人間が地球をいじめ過ぎてしまった報いなのかもしれないなぁ....。

「何が一番良い対策なのか?」っと考えてみても、
メビウスの輪のように、深い森を彷徨うようなほど結論が見えてこない。

このような流れの「今」を考えると、僕はある3曲を思い出してしまう。
井上陽水さんの「最後のニュース」、イエモンの「JAM」、
そしてブランキーの「悪いひとたち」.....。

ベイベー、 ピースマークを送るぜ!!!
この素晴らしい世界へ…
ピースマークを送るぜ!!


今日は、そんな思いを込めて、
メタル・アーティストが、“自分たちの熱き思い”を流星のように、
アフリカ飢餓救済のために投げかけた、チャリティー・プロジェクト、
ヒア・アンド・エイドの「Hear'n Aid」をピックアップ!!!

暑苦しい.JPG
今年の3月まで、金髪だった自分ですが、
金髪と言う井出たちにより、お年寄りに席を譲ったりすると、
不思議な事に黒髪の人よりも、イイ人に見られてしまう…(笑)
これは、古田新太さんもインタビュー記事で言っていた。
金髪という、ダメ人間っぽい先入観が、良いことをされる事により、
不思議なギャップ感が生まれ、先入観を覆し、印象を良くしてしまうのかも。

そんなギャップを感じずにいられないのが、今回の作品....
上のずらりと並んだ集合写真を見ても、ハッキリ言って怖い(笑)
第一印象は、教育上良くないことを、思う存分経験してそうなメンバー(笑)
そんな彼らが、アフリカ飢餓救済の為に立ち上がったのが1985年…。

まさしく「無頼漢」と呼ぶに相応しい面々をプロジェクトとして招集させたのが、
ソロ・プロジェクト「DIO」結成当時のロニー・ジェイムス・ディオ。(前列右から2番目)

チャリソン.JPG
今から遡ること24年前の1984年…アフリカ・エチオピアは大飢饉に瀕していた。
その飢餓救済に、立ち上がったのがブームタウン・ラッツのヴォーカリストで、
ピンク・フロイドの「ザ・ウォール」にも出演したボブ・ゲルドフ。

彼は、まず1984年にイギリス&スコットランド出身アーティストが集まる、
チャリティー・プロジェクト「BAND AID」を発足。
ボブのエチオピア飢餓救出のメッセージに著名アーティストが賛同した。

そして生まれたのが、クリスマスの時期には、山下達郎さん程ではないにせよ、
街中で耳にする「Do They Know It's Christmas?」。

ヴォーカルを担当したのは、ポール・ヤング、ボーイ・ジョージ、
デュラン・デュランのサイモン、ポリスの活動停止宣言したばかりのスティング、
スパンダー・バレーのトニー、U2のボノ、ヘヴン17のグレン・グレゴリー、
当時はスタイル・カウンシルだったポール・ウェラー、お騒がせ男?、マリリン(笑)
ステータス・クオーのリックとフランシス、そしてワム!時代のジョージ・マイケル、計12人

演奏はギター:スパンダー・バレーのゲイリー・ケンプ
ベース:デュラン・デュランのジョン・テイラー
ベース:U2のアダム・クレイトン
キーボード:ウルトラボックスのミッジ・ユーロ
ドラム:ジェネシス時代のフィル・コリンズ

コーラスにはバナナラマやクール&ザ・ギャング、
シャラマー時代のジョディー・ワトリー、
フランキー・ゴーズ・トゥ・ハリウッドのホリーなども参加。
(ポール・マッカートニーは最終レコーディングの際オーバーダブで参加)

っとニューロマ全盛期のUKポップ・シーンだっただけに、
フワフワの金髪姿が印象的なアーティストばかり。

このバンド・エイドのメッセージは全世界を震撼させ、
大国アメリカも、ボブ・ゲルドフと共に、エチオピア飢餓救済プロジェクトを始動。
それが、ご存知「WE ARE THE WORLD」を歌うプロジェクト、USA FOR AFRICA!!わーい(嬉しい顔)わーい(嬉しい顔)

作詞作曲は、マイケル・ジャクソン&ライオネル・リッチー、
プロデューサーはクインシー・ジョーンズ。

「WE ARE THE WORLD」は僕にとって、初めての洋楽で、とっても思い出深い1曲。
当時僕は、まだ小学生だったんだけど、募金委員会に入っていて、
全校生徒たちに、募金を集めていた一人でした。
そんでもって、給食の時間は、必ず「WE ARE THE WORLD」を流してました♪

ライオネル・リッチー、スティーヴィー・ワンダー、ポール・サイモン、
ケニー・ロジャース、ティナ・ターナー、ジェームズ・イングラム、
ビリー・ジョエル、マイケル・ジャクソン、ダイアナ・ロス、ディオンヌ・ワーウィック、
ウィリー・ネルソン、アル・ジャロウ、ブルース・スプリングスティーン、
ケニー・ロギンス、ジャーニーのスティーヴ・ペリー、
ホール&オーツのダリル・ホール、ヒューイ・ルイス、シンディー・ローパー、
キム・カーンズ、ボブ・ディラン、そしてレイ・チャールズ....。計21人。

う〜ん…「紅白歌合戦」なみの豪華な出演陣。

全員コーラスには、何故かダン・エイクロイドがいるんだよね(笑)
ブルース・ブラザーズの成功によるものなのかな?
あとシーラEや、フリートウッド・マックのリンジィ、ジェフリー・オズボーンなどなど。

LA.jpg英語圏アーティストの歌声が世界を席巻し、
アフリカの飢餓問題が、クローズアップされていく…。
この頃は、まだCDも開発されていない時期なので、
レコード1枚により、飢餓状態の子供たちを救った。
1985年7月には、伝説のライヴ「ライヴ・エイド」が、
イギリスはウェンブリー・スタジム、
アメリカではフィラデルフィアで開催!!
全世界同時中継で、16時間の熱きステージが展開。
なんと、フィル・コリンズはイギリス&アメリカ両ステージ参加。
コンコルドでイギリスからアメリカへ行った!!

そんでもって上記2曲のヴァイブレーションは、長い髪の毛を振り乱す、
荒くれ者&無頼漢アーティスト達にも火をつける事になったワケ。
発端は、ディオに在籍していたジミー・ベインとヴィヴィアン・キャンベル。
二人が、ディオに「俺たちも何かやろうぜ!!」っと投げかけ、
不良集団たちが集まる、飢餓救済プロジェクト「HEAR'N AID」が生まれる。

無駄無駄無駄無駄無駄.JPG
今年で66歳を迎える、超大御所ロニー・ジェイムス・ディオ。
レインボー、ブラック・サバスと二大モンスター・バンドのフロントマンを経た、
彼の存在感はメタル・シーンでは絶大であり、わがままそうな奴らも、
ディオの呼びかけならと、続々と賛同するのである。

この時のDIOは、ロニー、ヴィヴィアン、ジミー、そしてヴィニー・アピス。
結成メンバーであり、黄金期メンバーである4人が作り出した
デビュー・アルバム「HOLY DIVER」、「The Last in Line」、「Sacred Heart」、
この三作品は珠玉の名作であり、瞬く間にメタル・シーンの頂点へとなった。

そんなアクセル全開のDIOメンバーによって作られた、飢餓救済ソングは、
物悲しさと、力強さが交錯し、それまでのメタル・アーティストの
悪態イメージを払拭してしまう名曲に仕上がったパンチ
メタル・アーティストのヴォーカリスト&ギタリスト…
メタル・ミュージックの“顔”とも呼ぶべき二つのパートの存在感、
そしてポテンシャルを遺憾なく表現した名曲exclamation×2「STARS」exclamation×2が、
今さらですけれども、ピックアップ・ソングです。

ではでは、この「STARS」に参加したアーティスト陣の役割パートを紹介。

イントロは、「STARS」の作曲を担当したヴィヴィアン・キャンベルと
ジミー・ベインの静かなるギターのアルペジオから始まる右斜め下

読めない.GIFロニー・ジェイムス・ディオ右斜め下Y&Tのデイヴ・メニケッティ右斜め下
ディオ右斜め下ジューダス・プリーストのロブ・ハルフォード右斜め下
ディオ右斜め下クワイエット・ライオットのケヴィン・ダブロウ右斜め下
デイヴ・メニケッティ右斜め下♪サビ♪
サビの全員コーラスには、モトリーのヴィンスとミック、
キング・コブラ時のカーマイン・アピス、
スパイナル・タップのデレクとデヴィッド、
W.A.S.Pのブラッキーとクリス、
そしてテッド・ニュージェントやトミー・アルドリッヂなどが参加。
ブルー・オイスター・カルトのエリック・ブルーム右斜め下
ラフ・カットのポール・ショーティノ右斜め下
クイーンズ・ライクのジェフ・テイト右斜め下ドッケンのドン・ドッケン右斜め下
ポール・ショーティノ右斜め下♪サビ♪

〜ギター・ソロ〜(2:22〜5:05 2分半もギター・ソロがく〜(落胆した顔))
ジェフリア時のクレイグ・ゴールディ右斜め下
トゥイステッド・シスターズのエディ・オヘダ右斜め下クレイグ&オヘダ右斜め下
ヴィヴィアン・キャンベル右斜め下ナイトレンジャーのブラッド・ギルス右斜め下
ヴィヴィアン右斜め下ジャーニーのニール・ショーン右斜め下
ドッケンのジョージ・リンチ右斜め下ニール右斜め下
イングウェイ・マルムスティーン右斜め下ヴィヴィアン右斜め下イングウェイ右斜め下
リンチ右斜め下クワイエット・ライオットのカルロス・カヴァーゾ右斜め下リンチ右斜め下
カルロス右斜め下ブラッド右斜め下クレイグ右斜め下
ブルー・オイスター・カルトのドナルド・“バックダーマ”・ローザー右斜め下
アイアン・メイデンのエイドリアン・スミス&デイヴ・マーレー
(メイデンの二人は、各ギタリストのギター・ソロ間のバックも担当。)

ケヴィン・ダブロウ右斜め下ロブ・ハルフォード右斜め下ジェフ・テイト
〜ドラム・ソロ〜
ヴィニー・アピス右斜め下クワイエット・ライオット時のフランキー・バネリ右斜め下
♪サビ♪&デイヴ・メニケッティ、ジョージ・リンチ?

ってなカンジ…。
ヴィンス・ニールは写真では目立っているくせに、
ヴォーカル・パートは任されていません(笑)
ディオのヴォーカル・パートの人選は厳しく、上記を見る限り
ヴィンスの入る余地はありません(笑)

ドン・ドッケンだけ、声が細すぎるんだよね....
ドッケンのパートは、ブラッキーが歌えば良かったのに…
ギタリストとしても実力十分のY&Tのデイヴにもギターを弾いて欲しかったよねもうやだ〜(悲しい顔)

スティーラー、アルカトラズを経て、「ライジング・フォース」をリリースし、
一躍スーパー・ギタリストとなったイングウェイ。
彼の全盛期の高速プレイは、参加ギタリストの中でも飛びぬけている。

昨年の11月にクワイエット・ライオットのケヴィン・ダブロウが亡くなった。
52歳という若さでの他界…。彼の力強い歌声は、この曲でも輝いていますぴかぴか(新しい)

asato with kiss.JPG
どうもです....じめじめしていて嫌ですね。
でも、ビールが美味しい時期でもありますビールビール
30歳半ばを迎えようとしているのに、親譲りなのか、
自分で言うのもなんですが、酒はかなり強いんですよダッシュ(走り出すさま)
そんな自分ですが、自宅では一滴も酒は飲みません....。
自宅では、ブラック・コーヒーばかり。
あとはヘルシア緑茶と豆乳、ヤクルト…(笑)
無駄なあがきなんだけど、こういう所で健康面に気をつけてますがく〜(落胆した顔)
あと、ライヴ会場でも、そんなに飲まないんですよ。
寂しがり屋だから、居酒屋やビアガーデンで、
みんなでワイワイ飲むのが好きなんでしょうねふらふら

さてライヴ会場と言えば、10月に行われるラウドパーク08
出演アーティストが発表されました。
もう、スリップノットは興味ないんだけど、カーカスとオビチュアリーはやばいっす!!!

2年前のラウドパーク06の初日のみ行ったんですけど、
メガデスとアンスラックスで首振りまくり!!!
ふと我に返ると、ヘッドバンキングしているのが僕だけだったんです。
ただ、暴れまわっている者ばかり…。
こういった場所でも、ジェネレーション・ギャップを感じてしまいます。
かと言って、セックス・マシンガンズのオーディエンスのような、
意味の無いヘッドバンキングも嫌なんですよね。

僕にとって一体感を感じられないライヴが多くなっています。
そのせいか、どんどんライヴ熱が冷めちゃっているんですよねぇ。
って言いながらも、今週末のマーズ・ヴォルタのライヴは行きます(汗)

多分「ヘアーメタル」とか「メロスピ」とか言う方たちと僕が、
境界線が敷かれているんだろうなぁ....
人ぞれぞれロックの楽しみ方があるんで、何とも言えませんが、
デフ・レパードとホワイトスネイクをヘアー・メタルなんて呼んだら、
僕の熱い説教が待ってますよ...それもお酒ありで(笑)
posted by 佐藤朝問 at 00:15| Comment(6) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
あさとさん世代の人達はここに紹介されてるバンドはみんな通ってきてるし、みんなそうやって「熱」が冷めていくんだと思います。実際30代半ばの友人達もそうだもん。仕事結婚育児で、ライブに行くのが難しくなる環境になる年代ってのもあるだろうけど、そういうのがなくてもメタルが好きな気持ちは10代の頃から変わっていなくても、楽しみ方が年と共に変わっていくんでしょうね。ライヴの見方も。私は変わったな。

たぶん気にするほどヘアメタルって使われてないと思いますよ。その手の音楽はみんな普通にLAメタルやNWOBHMって言ってると思う。

ちなみにMars VoltaとAvantasiaのライヴが被ってるんです。前者はこれからも来日してくれるし、後者は今回が最初で最後なので・・・っていう理由でAvaに来る人もいるわよお。そのあとはmaybeshewillも行くぜ。

近々また語りましょう。給料日後に。
Posted by な at 2008年06月09日 00:26
おいら、なさんの意見に同意。

冷めるよ。それが人間だし、飽くなき探求の糧でもあると思う。

でも聴き方が変わるよね。

同じことをやっているとマンネリと言われ、
で、新しいもの取り入れると
「変わった」「らしくない」って言われる。

これ、マイケル・キスクの発言。

継続と進化のバランスは難しい。

そして、紆余曲折を経て、
我々が愛したバンドは戻ってきている。

勿論、変わらず続けているバンドもいるけどね。

でもアイアン・メイデンも、
ジューダス・プリーストも、
デフ・レパードも、
そして、ザ・ビートルズも、
ゲット・バックだべよ。

冷めながらも、気にしているのならまだまし。
何かのきっかけでまた熱くなれるかも。

バンドも聴き手も模索して、
自分たちの居場所を見つけるのさ。

やっぱり、ここが居心地いいって。

オイラも巡り巡って
色んなジャンル聴いてきたけど、
やっぱり元気が一番出るのは、
HR/HMだね!

朝ちゃんと違って家で飲むから、
酔いが回ったかなぁ〜。

チッ、自分のブログよりも
書くのに時間かかったよ。


Posted by 伊藤P at 2008年06月11日 00:58
スーパーコピーロレックス代引き専門店,【人気N级品】ロレックスコピー | Jpproshop777.com ロレックスドイツの文が“基準ゲージ”の意味だ、西方の世界で中でたくさんの商品の名称もしその上、この字の大半のイタリア指す腕時計の旗艦級の製品しかし、信じるロレックスではないこの意図、あるいは要するに、腕時計望むブランドの腕時計の謎達帰る列車よっている精密で正確な時計と懐中時計免れる鉄道の交通の悲劇の年代の直径のスーパーコピーロレックス
Posted by スーパーコピーロレックス at 2013年12月30日 14:52
スーパーコピールイヴィトン,ルイヴィトンコピー通販 , 【1万円-5万円_スーパーコピールイヴィトンバッグ】 | Eta2018.comこのような風を組み合わせるのはアイロン(こて)をあてて初めからに比べて足まで(へ)すべてそろっているニューヨークの風格を組み合わせるが技術が頭1つ優れて、しかし頭の太ももの短いアジアの女にとってきっと奇怪な装うことです。エルメスバッグコピー体現のこのような“フランスの風格の”精髄の映画は《生命の渦巻き》、《はにかまない女の子》、《天使が美しいことを愛する》などがありますスーパーコピールイヴィトン
Posted by スーパーコピールイヴィトン at 2014年01月26日 17:17
スーパーコピーロレックス、ロレックス時計コピー通販【JpNobleShop - スーパーコピー市場】 は現在自分は全世界の贅沢品の第3大消費国の贅沢品のでの消費量がすでに全世界12%以上の多くののホワイトカラーと先に富む族を占めてブランドのロレックス腕時計を輸入してはいを消費するのを追求するのになります 2009年1―2月にの時計は増の長い18%を販売します 2月来の万元の以下の腕時計がと去年基本的には公正を保って構造のロレックス腕時計の市場ので中で大体高、中、低い3つの区域の万元の以上のロレックス高級な時計の市場に分けたのを販売するのはほぼ士などのブランドのロレックス腕時計を輸入する天下ですロレックスコピー
Posted by ロレックスコピー at 2014年02月13日 15:20
あなたはモンクレールウンアウトレットメンズジャケットを購入するモンクレールアウトレット直営店を与えるとスケール空間を通して商業取引が制限されているため、あなたは、理由のスタイルとカラービット鈍いの失望するだろう、彼らは衣服のすべての種類を表示することはできません、次のことができますだけでなく、あなたはそのようなを選択します。
Posted by モンクレールディースダウン at 2015年01月05日 11:37
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。